市民農園や家庭菜園のための農機具の置き場所や作業場にうってつけの場所があった!

 

 最近レンタルボックスを運営している会社のガレージ倉庫があるのを知り初めてお借りすることにいたしました。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。私はひろこと申します72歳でございます。
 
私は、最近レンタルボックスを運営している会社のガレージ倉庫があるのを知り初めてお借りすることにいたしました。本日は、少しそのお話をさせていただきたいと思います。
 
お聞き苦しいところもあるかと存じますが、ご容赦いただけると幸いでございます。
 
ガレージ倉庫を借りようと思ったきっかけは、市政だよりで募集をしていた市民農園を借りて、息子夫婦とともに自宅で食べられる程度の野菜を作ってみようということになったことです。
 
その前の年に、長年連れ添った主人を病気で亡くし、気落ちしていた私を息子たちが気遣ってくれたのだと思いますが、本当にありがたい限りでございます。
 
市民農園の敷地は、自宅から少し距離があり世間でいう高齢者の部類に入る私には、少しきつい部分がありましたので、主人から相続したお金であらたに軽トラを購入し、農具もホームセンターで最新の軽くて使いやすいものに新調致しました。
 
軽トラには安全制御システムなるものを息子夫婦がオプションで付けてくれたため、恒例の私も安心して運転するすることができ、農機具も運べます。もちろん、過信してはいけないのでわたしも常に安全運転を心がけておりますけれどもね。
 
そこまで揃えたのであれば、自宅で農機具を保管すればよいのでは?とお思いになる方もいらっしゃると思うのですが、あいにく農機具を置くスペースが無いんです。
 
ベランダは私とお嫁ちゃんが趣味で育てているガーデニングの植物を四方に置かせていただいておりますので、到底それらを収納することなどできないんです。
 
「農機具を収納しなおかつ作業もできるガレージ倉庫のようなレンタルコンテナなんてあるのかしら?」
 
そんな私の不安をよそに、息子たちが調べてくれたところ、農機具などゆとりをもって収納でき、農園のための作業もでき、防犯設備も完備されているガレージ倉庫としてのレンタルコンテナがたくさん出できました。
 
さらに調べると意外と近所にガレージ倉庫があったんです。便利な世の中になったものですね。
 
料金は、月々2万円と主人の遺族年金の中から十分に支払える金額でしたので、息子夫婦に頼んで私が支払うことにいたしました。
 
散々迷惑をかけているんですもの、これくらいはさせてもらわないとね。
 
市民農園を借りて半年、今では夏野菜のトマトやキュウリが少しずつ実をつけ始め、我が家の食卓を彩ってくれています。
 
また、市民農園の作業で顔見知りもだんだんと増えてきて第二の人生を謳歌させていただいております。